ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 市民課 > 山口地方法務局において山地番が変更されました

山口地方法務局において山地番が変更されました

印刷用ページを表示する掲載日:2019年10月3日更新

現在の状況

山口県では、明治期に宅地・農耕地等の耕地に1番から順に地番(耕地番)が付けられましたが、山林・原野等の山間地にも同じように1番から順に地番(山地番)が付けられました。
そのため、一つの大字区域内の耕地と山間地に、同じ地番(重複地番)が多く存在しています。
山口地方法務局では、耕地番と山地番の重複地番を解消するため、平成28年度から山地番の地番変更を実施しています。

地番変更の方法

山地番に10000番を加算し変更します。
(例)
123番→10123番
1番→10001番

平成30年度に山地番の変更を行った区域

大字真尾、大字田島、大字佐野、大字向島、大字高井、大字奈美
大字下右田、大字上右田

平成30年度の山地番の変更の実施時期

平成31年2月15日

平成29年度に山地番の変更を行った区域

大字野島、大字新田、大字富海、大字東佐波令、大字中山、大字切畑
大字久兼、大字浜方、大字鈴屋、大字和字、大字大崎

平成29年度の山地番の変更の実施時期

平成30年2月15日

所有者への通知方法

地番変更をした土地、建物の所有者の方には地番変更実施後に山口地方法務局から、地番・家屋番号の変更の通知が送付されます。

住所の変更をしたいとき

変更前の地番を住所として住民登録している場合は、自動的に変更とはなりません。
変更する場合は、市役所へ申出が必要です。
法務局から通知書が届いた方は通知書をお持ちください。

変更前の地番が本籍の場合

変更前の地番を戸籍の本籍地番としている場合は、戸籍法施行規則45条の規定により、本籍は更正されたものとみなされるため、職権で戸籍の変更をすることはありません。
ただし、戸籍の記載の更正を希望される場合には、市役所へ申出が必要です。なお、更正手続は任意です。
更正を希望される方で法務局から通知書が届いた方は、通知書と印鑑をお持ちください。