ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

市長の部屋

印刷用ページを表示する掲載日:2020年1月24日更新

市長より

清水選手周防国府杯優勝

令和元年第4回防府市議会定例会市長行政報告 

 

台風19号など相次ぐ風水害により、関東、東北地方を中心に大きな被害がもたらされたことにつきまして、お亡くなりになられた方々の御冥福を謹んでお祈り申し上げますとともに、被災された方々に心からお見舞い申し上げます。1日も早い復旧・復興を願っております。 

 

<1>児童、生徒による吹奏楽について 

この度、松崎小学校、華城小学校、桑山中学校、華陽中学校が全国大会に出場し、華城小学校が「全日本小学生バンドフェスティバル」において銀賞、松崎小学校と華陽中学校が「日本学校合奏コンクール」において2年連続で金賞、桑山中学校が「全日本吹奏楽コンクール」において3年連続で金賞を受賞するという快挙を成し遂げました。まさに「吹奏楽のまち防府」の名にふさわしい活躍となっております。 

11月18日には、この4校による「響け!防府ハーモニー」コンサートを開催し、全国トップレベルの演奏を披露していただきました。

<2>開設70周年を迎えた競輪事業について  

防府競輪開設70周年記念競輪では、本市出身の清水裕友選手が見事大会連覇を果たされるなど、大きな盛り上がりをみせました。また、清水選手は年末に、その年の実力日本一の選手を決めるレースと言われる「競輪グランプリ」に出場されます。 

<3>観光事業について 

 先日の土曜日、日曜日に、1016回目の「防府天満宮御神幸祭(裸坊祭)」や「天神おんな神輿」が開催され、いずれも大きな盛り上がりをみせました。 

また、「ほうふ観光元年」の事業として、「すごいぞ!防府秋の大イベント」と銘打ち、防府天満宮、周防国分寺、旧毛利家本邸一帯を会場とし、「旧山陽道での防府しあわせマルシェ」や「毛利氏庭園での和装体験」などを初めて開催し、多くの皆様に楽しんでいただきました。 

今後も、防府観光コンベンション協会をはじめ、関係団体の皆さんと力を合わせ、観光振興に取り組んでまいる所存です。 

<4>第50回記念防府読売マラソン大会について 

防府読売マラソン大会は、1970年に第1回大会が開催されて以来、若手の登竜門として年々盛り上がりをみせ、市民の皆さんのお力添えをいただきながら歴史を重ね、今回で記念すべき50回の節目を迎えることになります。防府市を全国に発信できる大会として、60回、100回につながるよう取り組んでまいります。 

<5>新年度の予算編成について 

新年度は、第4次防府市総合計画の最終年度となると同時に、新たな総合計画の策定に向けての重要な年度となります。 

予算編成においては、本市の財政状況は依然として厳しい状況にありますが、国の補正予算の動向も踏まえ、防災を第一に、市民生活の安全・安心を重点項目とするとともに、市の将来の発展につながる予算となるよう全力で取り組みたいと考えております。

各種情報

プロフィール行政報告記者会見交際費